« 臺灣鐵路 自強號 EMU300 | トップページ | 立山砂防専用軌道 »

2007/02/04

常磐線E501系 その2

[Sound]常磐線E501系 その2

 平成19年3月改正より常磐線上野口から撤退が予想されているE501。すなわち、15輛編成での運用がなくなってしまうということでもある。
 編成写真ならぬ編成録音を録るなら、駅録りの一択。今回は、やや残響の乗る橋上駅のひたち野うしくから、上り列車の録音をお送りする。
 入線するとすぐに2,3号車のモーター音が左から右に入ってきて、下降音を鳴らして中央の7,8号車が正面に停車。オクターヴを上りながら発車して、付属編成の12,13号車がピッチを上げ走り去っていくという、3ユニットの豪華な構成。これもまもなく聴き納めとは本当に惜しい。

平成19年1月18日 東日本旅客鉄道常磐線 ひたち野うしく 2460M
E501

|

« 臺灣鐵路 自強號 EMU300 | トップページ | 立山砂防専用軌道 »

鉄道・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184040/13782290

この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線E501系 その2:

» JR東日本E501系上野フォーエヴァー [岸田法眼のRailway Blog.]
2007年1月21日(日曜日)、JR東日本土浦2番線に12時09分発、E501系の普通電車(取手から快速)上野行き(2号車モハE500-9)が発車を待っていた。 E531系は半自動ドアがついているが、E501系はついていない代わりに4ドアのうち、3ドアを締め切る装置があり、車内保温の維持に努めている。 E501系は上野-土浦間限定の運用だったが、2007年3月18日(日曜日)から、土浦-いわき間及び、水戸線の運用に変更され、千葉県と東京都から姿を消すことになった。 これにより、上野-取手間の快速... [続きを読む]

受信: 2007/02/11 19:24

« 臺灣鐵路 自強號 EMU300 | トップページ | 立山砂防専用軌道 »