« 小坂製錬 DD130 | トップページ | 真岡鐵道 C12型蒸気機関車 »

2007/05/18

新常磐交通 日野K-RT225AA

[Sound]新常磐交通 日野K-RT225AA

 交通博物館といいながら鉄道ばかり。看板に偽りありなので、申し訳程度に他の乗り物も入れるか、開き直って鉄道博物館と改称するか迷うところではあるが、以前ご紹介したラジオまるこすぎさんの第23回に触発されてバスの音を録ってきた。

 日野自動車の大型バスは、歴代ブルーリボンの愛称がつけられており、今回取り上げるRTもその一つである。
 RT22x/RU22xは、昭和57年に、日野自動車の路線車としては初のスケルトンボディーで登場した。僅かに突き出し手前に傾いた方向幕のスタイルは、後のHT/HU系やブルーリボンシティーにまで引き継がれている(なお、バスの車体はシャシと別メーカーで架装されることが多く、RT/RUでも主に日野車体工業のボディを使用している。正確にはこのスタイルも日野車体のボディがそうである、ということになる)。RTが板バネの懸架、RUがエアサスペンションという区分となっている(これはHT/HUも同様)。xには数字が入り、サイズを表す。
 縦置きエンジンEM100を搭載したことが特徴で、このエンジンは、後に日野路線車の顔役となるM10U型エンジンに発展していくのであるが、従来と異なる縦置きエンジンのEM100を敬遠してRT22x/RU22xを導入しなかったバス会社も多い。そのような会社では、並行生産されていた前系列のモノコックボディ横置きエンジンのRC3x1系列を導入し続け、昭和59年の生産終了後はRC3x1で使用されたER200エンジンを搭載したスケルトン車HT/HU22xを選択していた。
 昭和60年にHT/HU23系がリリースされると、RT/RU22x系は早くも生産中止となった。ラインナップに載っていたのはわずか4年である。
 このような事情もあって、画期的な形式であるにもかかわらず、日野の路線車の中でも今一つ影が薄いが、独特のエンジン音も相まって、趣味的には心惹かれる車輛ではある。

 この録音は、福島県浜通りを営業エリアとする新常磐交通の車輛で、昭和58年製造。同年施行の排気ガス規制ではなく、その一つ前のいわゆるK規制適合車である。運転手氏の曰く、車体は痛みが激しいが、エンジンは好調とのこと。山岳路線ではあるが、苦もなく坂を登っていた。

平成19年5月14日 新常磐交通6系統高野線 鬼ヶ沢~樅の木下 いわき22か・162
Rt225aa

|

« 小坂製錬 DD130 | トップページ | 真岡鐵道 C12型蒸気機関車 »

バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184040/15110656

この記事へのトラックバック一覧です: 新常磐交通 日野K-RT225AA:

« 小坂製錬 DD130 | トップページ | 真岡鐵道 C12型蒸気機関車 »