« 国鉄のエンジン形式の読み方 | トップページ | DE10型ディーゼル機関車 »

2007/09/05

DD51重連・エンジン始動

[Sound]DD51重連・エンジン始動

 DD13の成功を承けて登場した幹線用液体式ディーゼル機関車がDD51である。DD13に搭載されたDMF31SBを、気筒数を倍にしV字型に配置した1,000馬力のDML61Sエンジンを2機搭載していたが、後にインタークーラー付きのDML61Z(1,100馬力)を搭載するようになり、従来機も換装された。
 昭和37年から53年にかけて、計649輛が製造され、四国を除く全国各地で活躍した。
 このサウンドクリップは、紀勢本線の貨物列車を重連で牽引するDD51のエンジン始動時を録音したものである。この1853列車は、紀伊長島で長時間停車する際に、一旦エンジンを停止し、発車15分前くらいに再起動するのである。向かって左側の次位機の後ろのエンジンから順に、前に向かって火を入れていく。ブレーキのエアや空吹かしの音なども聞きどころ。

平成19年9月4日 東海旅客鉄道紀勢本線 紀伊長島駅 日本貨物鉄道1853列車
DD51

|

« 国鉄のエンジン形式の読み方 | トップページ | DE10型ディーゼル機関車 »

鉄道・ディーゼル機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184040/16345824

この記事へのトラックバック一覧です: DD51重連・エンジン始動:

« 国鉄のエンジン形式の読み方 | トップページ | DE10型ディーゼル機関車 »