« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/30

DE10型ディーゼル機関車

[Sound]DE10型ディーゼル機関車

 国内初の実用ディーゼル機関車として一応の成功を収めたDD13であったが、いくつかの問題点が指摘されていた。軸重が重く入れる線区が限られていること、蒸気暖房発生装置が搭載されていないため旅客列車の牽引に制限が出ること、入換時の制動力が劣ること。これらの点ではDD13に比して9600型蒸気機関車が優位であったといわれている。
 DD13はもともと500psのエンジンを2基搭載しているが、後にDD51用に倍の出力のDML61Sが登場した。このエンジンを使い、DD13と同出力の1エンジン機として製造されたのがDD20である。試作の1号機はDD51をちょうど真ん中で割ったようなデザインが特徴的だったが、、軸重がDD13より重いためもあり、量産車が世に出ることはなかった(なお、かなり毛色の違う2号機と、派生型のラッセル機DD21が製造された)。
 この状況を承け、入換用にも小列車の運転にも対応できる多目的機DE10が開発された。エンジンはDD51のDML61Zを改良して出力を1,200psまで上げたDML61ZA(後に1,300psのDML61ZB)を1基搭載し、動軸は5軸、しかもうち3軸は同一台車ながら独立に動作可能な構造で、前代未聞のAAA-Bという軸配置となった。このため、軸重は軽く、しかも軸可動台車のため横圧も少なく、簡易線区にも入線可能となり、更に動軸5軸で制動可能であることに加え専用の変速モードを用意してあるため、入換にも適している。
 ここに至りポスト9600がようやく登場したわけである。DE10は機関車としてはD51に次ぐ708輛が製造され、入換用に特化したのDE11やラッセルヘッドを持ったDE15など派生型も含め、全国でその独特の非対称凸型スタイルを見ない場所はないほどと言われた。
 鉄道貨物輸送の低迷や車載貨物列車の激減で入換機の需要が低下したことで、一時期よりはだいぶ数を減らし、ディーゼル機関車のリョコウバトの態を示しつつあるとはいえ、後継機が現れていないこともあり、今でも各所で活躍中である。平成3年からしばらくは、山形新幹線工事のために陸羽東線を迂回した「あけぼの」の先頭に立ち、特急牽引機の栄誉にも浴した。
 このクリップは、石巻線前谷地駅での貨物列車の出発シーンであり、積荷のコンテナの中身は紙、宛先は前に紹介した北王子駅である。
 なお、「あけぼの」が85km/hで通過していた陸前谷地駅は、ここから程近いが別の駅である。

平成19年8月20日 東日本旅客鉄道石巻線 前谷地駅 日本貨物鉄道650列車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/05

DD51重連・エンジン始動

[Sound]DD51重連・エンジン始動

 DD13の成功を承けて登場した幹線用液体式ディーゼル機関車がDD51である。DD13に搭載されたDMF31SBを、気筒数を倍にしV字型に配置した1,000馬力のDML61Sエンジンを2機搭載していたが、後にインタークーラー付きのDML61Z(1,100馬力)を搭載するようになり、従来機も換装された。
 昭和37年から53年にかけて、計649輛が製造され、四国を除く全国各地で活躍した。
 このサウンドクリップは、紀勢本線の貨物列車を重連で牽引するDD51のエンジン始動時を録音したものである。この1853列車は、紀伊長島で長時間停車する際に、一旦エンジンを停止し、発車15分前くらいに再起動するのである。向かって左側の次位機の後ろのエンジンから順に、前に向かって火を入れていく。ブレーキのエアや空吹かしの音なども聞きどころ。

平成19年9月4日 東海旅客鉄道紀勢本線 紀伊長島駅 日本貨物鉄道1853列車
DD51

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

国鉄のエンジン形式の読み方

 今まで何回となくディーゼルエンジンを形式で紹介してきたが、今回はその形式記号の読み方を解説しよう。最初の英字2文字がGMならガソリンエンジン、DMならディーゼルエンジン。次の英字は気筒数で、A=1、B=2、...Z=26となる。27気筒以上の場合はどうするのかは不明であるが、現在のところ、最大でDMP、すなわち16気筒までのようである(DD54のDMP86ZとDE50のDMP81Z)。次の2桁の数字がリットルで表した排気量。横置きエンジンの場合は数字の後にHがつく。更に、過給器がついていればSが、インタークーラーがついていればZがつく。改良による派生型などには、この後ろにA、B、Cなどの接尾辞がつく。これだけではまだ終わらずに、走行用でなく発電用途のものは最後に-Gを、除雪兼用のものは-Rをつけることになっている。
 以上をふまえて解読すると、DMH17Cというのは、ディーゼルエンジンで8気筒17リットル、4番目に作られたということになり、スハフ14に搭載されたDMF15HZ-Gは、ディーゼルエンジン6気筒15リットルインタークーラー付きで電源用ということになる。じゃあ、DMH17Hは、横置きなのか9番目なのか厳密には判断できないが、ここは意地悪なことを言わずに、横置きのパイオニアということにするのが大人というもの。前回に紹介したキハ181に搭載されているDML30HSCは、ディーゼルエンジンで12気筒30リットル横置き過給器付きの4番目の機種ということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »