« キハ52型気動車 | トップページ | 特別企画・トップ画像ギャラリー »

2007/10/28

箱根登山鉄道モハ1形

[Sound]箱根登山鉄道モハ1形

 粘着式では日本で最急勾配の路線を有する箱根登山鉄道。箱根湯本を出た直後から延々と80‰が続き、ケーブルカーの如く傾きが体感できるほどである。
 車輛は、昭和25年製造のモハ1形103。モハ1形は旅客用としては現存する唯一の吊掛式駆動の形式である。
 この録音は、宮ノ下から大平台まで下る1駅分であるが、途中に仙人台信号場とスイッチバックの上大平台信号場に停車する。標高差99mをゆっくり下るため、1駅間にして当館最長の8分40秒にもわたる長講一席となった。電気ブレーキの唸りに浸りながら、ゆっくりとお聴きいただきたい。半径30mのカーブにおける車輪の軋みも御注意あれ。

平成19年10月15日 箱根登山鉄道 宮ノ下~大平台 モハ103

|

« キハ52型気動車 | トップページ | 特別企画・トップ画像ギャラリー »

鉄道・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184040/16902847

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根登山鉄道モハ1形:

« キハ52型気動車 | トップページ | 特別企画・トップ画像ギャラリー »