« E531系 その2 | トップページ | 箱根登山鉄道モハ1形 »

2007/10/01

キハ52型気動車

[Sound]キハ52型気動車

 DMH17系エンジンを搭載した一般型気動車キハ20を2エンジン化した形式である。当初、キハ20などと同じDMH17Cを搭載したが、後にキハ80系列やキハ58系列と同じ横置型のDMH17Hを搭載した100番台が登場した。
 エンジンを2台搭載するため、車長がキハ20より1.3m長い21.3mとなっているのが特徴で、2エンジン両運転台の後継機が現れなかったこともあり、現在でもJRで使用されている。
 録音は、大糸線全通50周年記念で運転されたキハ52型3輛編成で運転された列車の発車時の模様である。小谷太鼓の響き(注:鐘の踏切ではありません)に送られながら、3輛6基のエンジンが目の前を通過していくシーンは、今ではなかなか耳に出来なくなってしまった。
 同線は姫川を遡上する勾配線区であるため、2エンジン型のキハ52が活躍している。機会があれば、懸命に坂を登る走行シーンも収録してお伝えしたい。

平成19年9月30日 西日本旅客鉄道大糸線 南小谷駅 429D キハ52156 キハ52125 キハ52115
Dsc00037

|

« E531系 その2 | トップページ | 箱根登山鉄道モハ1形 »

鉄道・気動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184040/16625044

この記事へのトラックバック一覧です: キハ52型気動車:

« E531系 その2 | トップページ | 箱根登山鉄道モハ1形 »