« 特別企画・トップ画像ギャラリー | トップページ | 島原鉄道 キハ2008 »

2007/12/22

宮城交通 日産ディーゼルP-U33L

[Sound]宮城交通 日産ディーゼルP-U33L

 日産ディーゼルといえば、一時期は2ストロークディーゼルエンジンの代名詞であり、ユニフロー掃気ディーゼルエンジンの頭文字を取った略称「UD」は、今なお同社のブランドとして親しまれている。当館でもUD3形エンジンを使用した尾小屋鉄道キハ3を紹介したことがある。
 その日産ディーゼルであるが、昭和45年から路線バスでも4ストローク車を並行生産するようになり、完全に4ストロークエンジンに移行したのが昭和48年に登場したU20(エアサスペンション車はUA~となる。以下U33まで同)である。その後、排気ガス規制などによりエンジンを改良してU31→U32→U33と進化してきた。
 U33は、富士重工業7Eまたは西日本車体工業58MCの車体が架装されることが多いが、この車体はロングセラーで、後継のUA440と更に後継のUA460にも使われているため、地方のバス会社では、同じ車体を使った中古車のU33と新車のUA460が、同じ時期に発行されたナンバープレートをつけて走っているという光景も見られた。
 録音は、宮城交通富谷営業所所属のP-U33L。エンジンをかけた直後のアイドリングを録音している。

平成19年12月8日 宮城交通 宮城22か52-41

U33

|

« 特別企画・トップ画像ギャラリー | トップページ | 島原鉄道 キハ2008 »

バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184040/17439765

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城交通 日産ディーゼルP-U33L:

« 特別企画・トップ画像ギャラリー | トップページ | 島原鉄道 キハ2008 »