« 小坂製錬 知るも知らぬも茂内の驛 | トップページ | 茨城交通 最後の一駅 »

2008/02/15

特集Powered by Siemens(1) 常磐線E501系 その3

[Sound]常磐線E501系 その3

 ここのところお伝えしているラインナップは、キハだのDDだのばかり。ディーゼル臭が芬々としております。この程よいオイルの匂いは本館が最高傑作である証ではあるのですが、しばらくは目先を変えて、電車の特集を組んでみましょう。題して「特集 Powered by Siemens」。どこかで聞いたことがあるような気もしますが気にしない。先陣は三度目の登場となるE501でお送りします。

 上野口から撤退したE501は、基本編成と付属編成の併結がなくなり、それぞれ単独での運用となった。付属編成はM車のインバータをIGBT方式のものに換装したため、独自のドレミファ音ではなく、E531系と類似の音を発するようになった。その他はほぼ変わらず、主に水戸線で使用されている。号車札もそのままなので、11号車~15号車のインフレ表示となっている。
 一方の基本編成は、(土浦~)水戸~いわきの運用に就いているが、運用が4編成では足りず、E531系付属編成×2と共通運用となっているようである。稀にE531系基本編成が代走ではいることがあり、その際はグリーン車は普通車として開放されている。
 これまで公開したE501の2本のサウンドはいずれも駅録りであったが、今回は車内で録音したものをお届けしたい。東海~大甕は常磐線最長駅間であり、再力行もあって聞き応えのある区間である。

平成20年1月27日 東日本旅客鉄道常磐線 東海~大甕 535M

|

« 小坂製錬 知るも知らぬも茂内の驛 | トップページ | 茨城交通 最後の一駅 »

鉄道・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184040/40116796

この記事へのトラックバック一覧です: 特集Powered by Siemens(1) 常磐線E501系 その3:

« 小坂製錬 知るも知らぬも茂内の驛 | トップページ | 茨城交通 最後の一駅 »