« 茨城交通 最後の一駅 | トップページ | おまけ 携帯電話でSiemens »

2008/07/16

特集Powered by Siemens(2) 京浜急行2100形 京急ウイング号

[Sound]京浜急行2100形 京急ウイング号

 久方の更新は、Siemens社のインバータを好んで入れている京浜急行から。
 2100形は,最新の特急専用車で,2扉クロスシートの特急仕様の車内はそのままに,E501と同じSIBAS32インバータを搭載し,最高時速120kmで京急線内を飛ばしている。停車時に音階を刻まないところがE501との相違点である。
 平日の夕方以降は,着席快特「京急ウイング」の限定運用に就いているため,通常の快速特急にはなかなか入らない。
 なお,京急ウイング号の号数は,下りのみの設定であるためか,品川発の1番早い列車は1号,次が2号となっており,収録時点では11号まで設定されている。信号に表示される列車種別は,普通が「普」,快速特急が「快」であるのに対し,「w」と異彩を放っている。
 録音は品川発車時のもの。なにぶん,東京周辺では停車駅が少ない列車なので,録音場所はどうしても品川になってしまうが,3番線発車で渡り線で下り本線に入り,その先も八つ山橋手前の急カーブがあるため,発車直後から加速どころか減速しており,得意の脚力を見せつけることはできなかった。

平成20年7月16日 京浜急行本線 品川 ウイング5号
2149

|

« 茨城交通 最後の一駅 | トップページ | おまけ 携帯電話でSiemens »

鉄道・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184040/41879870

この記事へのトラックバック一覧です: 特集Powered by Siemens(2) 京浜急行2100形 京急ウイング号:

« 茨城交通 最後の一駅 | トップページ | おまけ 携帯電話でSiemens »