カテゴリー「鉄道・電気機関車」の記事

2009/03/30

沫江煤電 電気機関車1号

[sound]沫江煤電 電気機関車1号

 郭沫若は,中国現代文学者の中では魯迅と双璧を為すと言っても良いだろう。生まれは光緒18年というから西暦では1892年(100年以上前の生まれだが,中国文学の時代区分上,現代文学者ということになっている)。生地は,大仏が世界遺産に指定されて有名になった楽山,の郊外の沙湾。いまは楽山市沙湾区となっているが,長江の支流の大渡河ほとりの,周りの郷鎮よりは少し大きめの街である。大渡河の別名が沫水。沫若の号の「沫」はここにちなむ(「若」も若水という川の名である)。

 以上の諸事項とは何の関係もなく,大渡河を挟んで沙湾の対岸に,火力発電を業務としている楽山沫江煤電有限責任公司という会社がある。沫江は沫水の意であろう。地元の電力会社である楽山電力の子会社であるのだが,ここまで見ても,話はこのサイトの方向性とは全くつながりが見えない,一字を除いては。
 「煤」の字にある種のきな臭さ,否,すす臭さを覚えたあなたは鋭い。ここは石炭の鉱山を持っており,当然,掘り出した石炭は発電所に運ばないといけないので,そのための鉄道を持っている。あまつさえ,そこで働く人々の便を図るため,旅客営業をしているというわけであった。

P1020097 この路線,トロッコに毛が生えた程度とはよく言ったもので,なかなかにプリミティブで楽しい。電化されていて凸型の機関車こそ少しばかり威厳があるものの,架線の状態が悪いのか随所でスパークしている。道床にバラストはほとんどなく,土に枕木を埋めた程度で,ところどころその土さえ流出している。線路の歪みはフリーハンドで描いた線の如くである。
 石炭車はホッパ構造がとれないから土運車のように石炭を下ろす。これじゃナベトロと変わらない。汎用無蓋車に至っては,台車に鉄板を乗せただけなのではないかと疑りたくなる。

P1020085 しかし,なによりも圧巻は人車で,まず,車輛には窓がない。そして,壁がない。手すりがあるだけである。妻面も開きっぱなしである。さすがに屋根はある,そして,当然床もある。早い話が全車完全オープンデッキなのである。オープンデッキなど,国鉄時代のスイテやマイテでさえ末端にあるだけだというのに,豪気なことだ。軌道と架線を見ただけで,速度が出ない出せない出さないのは明らかで,風の影響だの衝撃波だのを考える必要はなさそうだ。人々はベランダに出たかの如く手すりにつかまって外を向いている。

P1020094 路線は,麓の草垻が起点,次の隧道口が分岐駅で,老鉱へ行く線と向陽の行く線の2本がある。貨物列車,旅客列車を合わせると,時間1本くらいは走っている感触である。

 今回は,この沫江煤電から,補修用の煉瓦を運んでいる1号機関車のサウンドをお送りする。1輛の無蓋車しか繋いでいないので,あっという間に通り過ぎてしまう。前回の長編と打って変わって,約27秒というのは,当館の動いている乗り物の中では最短である(乗り物以外の録音も含めると通票閉塞機が14秒で最短)。

P1020120 さらに,このページを開いてくださった方には特別付録。老鉱~草垻間の後方展望ビデオを御用意しました。おんぼろ客車の手すりに寄りかかっているつもりで御覧ください。なお,サイズが大変大きくなっていますので御注意ください。なお,さすがに容量を取るので,サーバの使用状況如何によってに削除することがあります。

沫江煤電 後方展望ビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/29

岳南鉄道 ED40+ワム80000

[Sound]岳南鉄道 ED40+ワム80000

 最近減少している車扱貨物。その中でも、二軸有蓋貨車ワム80000は、その数を急激に減少させている。そんな中で、岳南鉄道では、ワム80000による貨物列車が設定されており、懐かしい姿が見られる。

 実はそれだけにとどまらないのだが、とりあえず今回は比奈駅のホームを通過する貨物列車の音をお届けしよう。

平成18年7月28日 岳南鉄道 比奈 岳南鉄道 ED40+ワム80000

Ed40

| | コメント (2) | トラックバック (1)